ジュラロス日記

断然イヌ派の私がネコを飼う。ミヌエットのレンとの日常。

この世に1匹

今日も徒歩でスーパーに買い物に行く途中、野良猫を見かけました。

毛艶はいいし、痩せていないし、何食べているんだろう。

写真を撮っていたら、人懐っこく寄ってきましたが、何か病気を持っていたら、レンにうつしてしまうかも知れないので、触らずにサヨナラしました。

レンが新聞を広げて読んでいるところに邪魔しに来て、そのままウトウトし始めました。

ブサ可愛い寝顔を見ながら、星の王子さまのキツネの話を思い出しました。

世界中に可愛い猫はたくさんいるけれど、レンは私がお世話をしているこの世に1匹しかいない猫だから特別に大切で愛おしいのだと再確認しました。

 

《読書の記録》 2022年3月 5冊

・『リボルバー』 原田 マハ

・『白鳥とコウモリ』 東野 圭吾

・『星を掬う』 町田 そのこ

・『小説8050』 林 真理子

・『ソロモンの犬』 道尾 秀介

 

《読書の記録》 2022年4月 7冊

・『カラスの親指』 道尾 秀介

・『自由への手紙』 オードリー・タン

・『JK、インドで常識ぶっ壊される』 熊谷 はるか

・『我が友、スミス』 石田 夏穂

・『六人の嘘つきな大学生』 浅倉 秋成

・『美しい距離』 山崎 ナオコーラ

・『私以外みんな不潔』 能町 みね子

レンの右手

本当なら今日からにっぽん丸で南紀串本にクルーズだったのになぁ。

行きたかったなぁ。

と思っていたら、次男から次男がGWに帰省した時に撮ったレンの写真が送られて来ました。

右手が可愛い。

癒されて元気が出てきました。

ケージの中にいるレンに顔を近付けると、私の頬を触ろうと右手を伸ばしてきました。

何か欲しい時にチョイチョイするレンの右手がたまらなく可愛い。

箱入り息子

明日は太平洋側で大雨の恐れがあるそうで、ミヤネ屋で雨が降り始めた和歌山県から中継をやっていました。

よく見ると本州最南端の串本町ではありかせんか。

行ったことはありませんが、明後日から南紀串本にクルーズに行くはずだったから、この橋杭岩も調べて知っていました。

行きたかったなぁ。

徒歩でスーパーに買い物に行った帰り、野良猫を見かけました。

箱入り息子のレンは外の地面を踏んだ事がありません。

レンが野良猫になったら、他の野良猫と喧嘩しても反撃できそうにないし、鈍臭いから車にひかれそうだし、1週間ともたない気がします。

新緑の季節

今日は父の命日だったので、母とお墓参りに行きました。

一年前も新緑が綺麗で、暑くもなく寒くもなく、いい季節でした。

なので、母は淋しくないそうで、益々元気です。

私も毎朝、仏壇に手を合わせて心の中で長々と父に語り掛けているので、身近に感じています。

モフモフのお腹を撫でようとすると、レンは私の腕を前足でロックして、後ろ足で蹴り蹴りしながら甘噛みします。

幻のにっぽん丸クルーズ

今日もゆうパックと花キューピッドが届きました。

札幌の義妹が父の一周忌にお花とお供物を送ってくれたのでした。

夫の兄妹は遠く離れた我が家を温かく気遣ってくれて、夫の親戚関係の義理事を何もして来なかったダメ嫁の私は、ありがたいやら、申し訳ないやら、感謝、感謝です。

その後、クロネコヤマトの宅急便も届きました。

今月、結婚30周年を迎えるので、今週末から夫婦でにっぽん丸花火と南紀串本クルーズに出掛けるため、夫がダークスーツを新調して、ネーム入れと裾上げが仕上がって送られて来たのでした。

在宅ワーク中の夫は早速、スーツを段ボールから出して、ワイシャツとネクタイを合わせてご満悦。

スーツケースをリビングに持ってきて、そろそろ荷造りを始めようとしていました。

そんな16時過ぎ、旅行社からクルーズ中止の電話がありました。

2度あることは3度ある?

3度目の正直ならず・・・(号泣)

昨年の10月に母と姉と行くはずだったにっぽん丸秋の絶景クルーズが今年の3月に延期になり、延期になった春の絶景クルーズは直前にキャンセルになりました。

絶景クルーズは2度とも国内の感染状況を鑑みての事でしたが、今回は全国どこも行動制限が出てないし、絶対行けると思っていたのに、定期的にPCR検査しているにっぽん丸のスタッフに陽性者が出たためでした。

南紀串本では、にっぽん丸は沖に停泊して、テンダーボートで橋杭漁港に上陸することになっていて、アドベンチャーワールドのパンダに会いたい私達は、橋杭漁港からレンタカーでアドベンチャーワールドに行こうと、レンタカーを予約していました。

橋杭漁港に何時頃着くテンダーボートに私達が乗れるか旅行社に確認中で、今日連絡が来る事になっていたから、電話はその連絡だと思っていたのに、まさか中止の電話とは・・・。

アドベンチャーワールドのパンダに会いたかったなぁ。

最終案内と乗船券も届いていて、今回は結婚30周年記念なので、オーシャンビュースイートを予約して、お部屋も食事も全部楽しみにしていました。

午前中、バレエのレッスンに行って、『クルーズに行くので、来週の月曜日のレッスンはお休みします。』ってお仲間に言ったのに・・・。

今日の生協の注文書は、来週いないから、登録品もゼロにして、注文なしで提出したのに・・・。

夫は、レンタカーの予約をキャンセルして、計画年休を取り消し、週末にゴルフの予定を入れました。

私は、レンのお世話に泊まりに来てくれる事になっていた姉にキャンセルの電話をして、二人でスーツケースを仕舞いました。

中止になってから、クルーズ前のPCR検査の結果が届くと言う・・・。

陰性だから行けたのに・・・。

なんだか永遠ににっぽん丸に乗れない気がする。

レンにとってはラッキーな出来事でした。

母の日

母の日なので、母と夫と満景に行きました。

久しぶりなのでワクワク。

ワクワク。

こんにちは〜。

中庭も素敵。

今日はこちらのお部屋。

母だけビールで乾杯。

前菜。

春野菜と鯛。

蛤の茶碗蒸し。

お待ちかねの鰻。

美味しい〜。

窓の外の新緑が美しい。

デザートのメロンも甘くて美味しかった〜。

鰻食べてスタミナ付けて、ますます元気に過ごしてね。

帰り道、玉簾寺に寄りました。

お天気がよくて、小旅行に出掛けた気分になれて、母も喜んでくれて、いい母の日になりました。

今日のレンは舌がいつもより多めに出ています。

平たい顔族

右を向いても、

左を向いても、

レンの顔は平たい。

ブサかわいいレンの横顔が好き。

宅急便と花キューピッドが届きました。

札幌の義姉が父の一周忌にお花とお供物を送ってくれたのでした。

佐川急便も届きました。

長男夫婦が母の日にさくらんぼを送ってくれたのでした。

お心遣いに感謝、感謝のお届け物でした。

レンとそっくり

お見せできなくて残念ですが、次男が目をパッチリ見開いて舌をちょっと出したら、レンにそっくりでした。

そんな次男は午後、新幹線で大阪に戻るので、

家族4人でアルフレスコダイニングでランチ。

お魚も、ピッツァも、パスタも美味しかった〜。

母は次男とランチできて幸せ一杯。

みんなで駅までお見送りに行きました。

先日の駅総選挙の番組で、この駅がベスト30に入っていなくてガックリでした。

海が好きな私は、オーシャンビューのこの駅が好きです。

気持ちのいい天気で、ちょっとお出掛けした気分になりました。

持ち運べる日陰

肉球の毛と爪を切ったので、ご褒美ちゅ〜る。

レンはちゅ〜るのために頑張りました。

午後から、夫と次男と3人で父のお墓参りをしてから、ファッションクルーズに買い物に行きました。

帰りにモンベルで、新聞で紹介されていたサンブロックアンブレラを買いました。

この『持ち運べる日陰』で夫の夏の通勤が涼しくなるといいなぁ。